稽古のすすめ方

等持院稽古場の開設にあたり、稽古をどのように進めていくかを述べておきます。

当初、等持院稽古場における稽古の種目は以下の四つになります。
・坐法臥法→動法基礎 ・カタと同調 ・筆動法 ・連座
(追加 2017/1 ・合掌行気以前 ・活元運動以前)

これらの稽古を十日サイクルで繰り返していきます。

動法基礎は、基本となる動法の稽古を行います。坐法臥法ー畳の部屋で、あるいは、毛氈の上でどのように体をさばいていくかーも含まれます。稽古に参加される場合、公開講話または、この動法基礎が入会の窓口になります。一回に限り参加を認めます。引き続き、稽古への参加を希望される場合、入会の手続きが必要となります。

カタと同調は、どちらかというと何でもありの稽古になります。合掌行気以前、活元運動以前と命名した、「なぜカタが必要なのか」といった基礎中の基礎の稽古や、公開講話で行われた稽古の復習等もこのコマでやっていくつもりです。

筆動法は書道のお道具を使って行う動法の稽古です。参加者は筆・硯・墨・文鎮・新聞紙一週間分(下敷き下書き用)をご用意ください。

連座は、当面、稽古歴2年以上、坐法臥法が一通りできる方を対象とします。

いずれも、「予約制」で行います。公開講話をのぞき、定員は3名です。連座に関しては、定員3名に達しない場合、キャンセルとなる場合があります

これらに加え、個人教授・個別稽古があります。整体操法の様式を用いた一対一の稽古です。坐法臥法等のテーマ稽古も可能です。

稽古日程は下記のように組まれています。但し、他の予定との兼ね合いで、稽古がない場合もありますから、稽古日程および稽古予約簿であらかじめご確認ください。

偶数日 個人教授  11時〜17時
3の日 カタと同調 11時〜14時 3000円 
    動法基礎  15時〜17時 2000円
5の日 連座 合掌行気以前 活元運動以前
          13時〜16時 3000円 
7日、27日
    動法基礎  11時〜14時 3000円
    カタと同調 15時〜17時 2000円
17日 筆動法   13時〜16時 3000円
20日 公開講話  13時〜15時 1000円

稽古はすべて予約制です。稽古場備え付けの稽古予約簿への記入を原則としますが、電話、ファクス、メールでの予約も可能です。

以上ご熟読の上、稽古会に参加していただくようお願いいたします。

                                               等持院稽古場 角南和宏
             (2015/10/14記 2016/2/22更新 2017/2/6更新 2017/4/28更新)