2013年3月30日土曜日

3月の読書

やっと歴史シリーズに一区切り

あの戦争と日本人* 半藤一利 文藝春秋 2011
昭和史 戦後篇 1945-1989* 半藤一利 平凡社ライブラリー 2009
羆撃ち* 久保俊治 小学館 2009
サムライブルーの料理人* 西芳照 白水社 2011
それども日本人は「戦争」を選んだ* 加藤陽子 朝日新聞社 2009
恐れるな! イビチャ・オシム  角川oneテーマ21新書 2010
ブラック・ジャック創作秘話 吉本浩二 秋田書店 2011
さらさらさん 大野更紗 ポプラ社 2013
abさんご 黒田夏子 文藝春秋 2013
小さな建築 隈研吾 岩波新書 2013
逝かない身体* 川口有美子 医学書院 2009

2013年3月27日水曜日

生動気韻

「動法」「内観」で検索してみたら、中国新聞に掲載された畏友安森和子女史のテキストが出てきた。身体教育研究所HPの非公開領域に埋もれていたものが現在は発掘可能になっているらしい。1993年、つまり20年前に書かれ文章なのだが、まったく色褪せてない。スキャンデータも手元にあったので、併せて公開することにする。著作権上問題があればご指摘いただきたい。文中の整体法研究所は身体教育研究所と読み替えてください。【】内をクリックするとテキストが表示され、画像をクリックするとオリジナルサイズの画像が表示されます。

01【立つ
 02【坐る
03【歩く
04【足袋
05【墨すり
 06【筆動法
 07【動象墨韻
08【定まる

2013年3月13日水曜日

合掌行気以前第一期終了

「合掌行気以前」第一期5回(大井町稽古場火曜夜学)が昨日で終了
思いの外ゆっくりペース
テーマは大分出て来たので一年かけてやりましょう
来月の集注稽古でも続きやります
ここまででやろうとしてきたこと、やりかけのものをリスト化するとこんな感じです

・合掌行気はいつはじまるのか
・カタの持つ意味
・行の落とし穴
・つられる
・二の腕の動き
・感応動法としての邪気吐き
・人に触れるための前提条件
・場