2012年11月26日月曜日

11月の読書

今月は読みかけの『ピダハン』で手一杯だと思うので、ちょっと早めにup

ピダハン ダニエル・L・エヴェレット みすず書房 2012
 やっぱりサピア=ウォーフでしょう
ウェブで政治を動かす! 津田大介 朝日新書 2012
時速250kmのシャトルが見える 佐々木正人 光文社新書 2008
弱いロボット* 岡田美智男 医学書院 2012 
ガラスの煉獄* 壇上志保 新潮社 2010
日本を捨てた男たち* 水谷竹秀 集英社 2011
美の壺ー魯山人の器* NHK出版 2006

2012年11月9日金曜日

なぜ身体教育なのか? 6

【客】

 先日、大井町稽古場を見学に来たスイスの人に、「あなたがやっていることは治療なのか」という質問を受けた。手を触れる人がいて、触れられる人はうつ伏せに寝ている風景を見れば通俗的な治療形態に見えてしまうのかもしれない。ただ、治療という概念には、あらかじめ治療する人と治療されるという役割分担が内蔵されている。そのような役割分担のない関係をつくりあげ、そのような関係の中で起こる出来事を体験することが、私たちの目指すところであり、そういう意味において私たちの行なっていることは治療ではない。
 動法の稽古等、動きものの稽古風景をみれば、私たちのやってることは体育として理解されやすい。しかし、前述の風景を含め、体育と称している。まず受ける側にそれ相応の嗜みを求めている。坐法臥法というものを定め、毛氈の上での立ち振舞をまず覚えていただく。いわばお茶室に入るように毛氈の中に入っていただく。お茶室に客として入った人間が、放縦に振舞っていたのではお茶会が成り立たず、客としての素養が問われることになる。それと同じである。この客としての嗜みを育てることこそが、私たちが体育とよんでいるものであるのかもしれない。
 いつから客という言葉が消費者を意味する言葉になってしまったのか。伝統芸能とよばれているものが衰退の道を歩んでいるのも、この客という感覚が薄れていっていることと対応している。客という言葉の本来の意味を今一度噛み締める必要がある。