2017年12月3日日曜日

韓国で撮ってもらった写真を娘に送ったら、
「おじいちゃんに似てきたね」という返信が届いた
そうなのだ、なんか急にオヤジの風貌に似てきたと、自分でも思う
出かけた時、ショーウインドウに映る自分の姿が、オヤジそっくりなことに驚く
似てきたのは風貌だけではない
書斎のテーブルの乱雑さといったものまで似てきている
オヤジが座っていた津山の家の居間や江戸川の居室の惨状と同じものが再現されつつある

父の喪は一年で明けた
遺句集を編んだら、すっかり気が済んだ
妻の喪が明けるには三年かかった
せうそこの会でみとりについて話し、それが印刷物になって戻ってきたら、
前に進むしかない、という覚悟が生まれた
喪が明けるとは、忘れてしまうことではなく、
逝ったものたちとの記憶を忘れるほどに同化してしまうことなのだ

今年も、というべきか、何人もの友人知人たちがなくなっていった
つまり、縁の遠近はあるにせよ、僕らは、常に喪に服している

2017年12月2日土曜日

フロンターレ優勝!

川崎フロンターレがJ1で優勝
こんな嬉しいことはない
嬉しいというより安堵したという方がちかい

等々力競技場にはじめて足を踏み入れたのは1999年秋
まだ川崎がJ2を戦っていたころで、対戦相手は札幌
その札幌を目当てに行ったのだった
場所もよく分からず、職場のあった二子玉川からタクシーに乗った

私の住んでいたのは東急田園都市線のあざみ野
サッカー観戦には便利な場所で、日産スタジアム、国立競技場、等々力競技場に
1時間以内にたどり着けた
最初のサッカー観戦は、国立だったか三ツ沢だったか定かではないが、ファンとして定期的に通いはじめたのは、横浜市民ということもあって日産スタジアムだった
ただこの日産スタジアム、W杯の決勝のために造られたハコで、やたらでかい
いちばん安い自由席だと、ビルの屋上からピッチを眺めているようで、選手は豆粒ほどにしかみえない
おまけにサッカー専用でなく、陸上競技用のトラックがピッチの周りを囲んでいる
最新鋭の巨大スクリーンと音響を備えていたが、サッカーそのものを観るには適さない

これに比べると、等々力はのんびりしていた
トラックで囲まれている分、ピッチは遠いが、二階席までしかない
J2の時代だったから、観客席にも余裕があり、1万人入ることはまれ
競技場に向かっていると、ちびっ子が自転車で駆けつけてくるわ、家族づれがのんびり歩いてくるわで、とにかくゆるい
サポーターも優しい
浦和や鹿島の応援風景に比べると小学生のようにみえた

それでも、川崎がJ1に上がり、力をつけてくるにつれ、サポーターの数も増えていった
印象に残っているのは、ジュニーニョ、我那覇、テセ、川島といった選手たち
もちろん中村憲剛
監督も石崎、関塚、風間と変わっていった
チームはだんだん中村憲剛を中心に回りはじめる
それでも、風間監督に代わった時の変化は大きかった
ナビスコ杯の決勝戦は2度国立に見に行ったが、結果は準優勝

関西に越してきて丸二年
サッカーとは縁遠くなってしまったが、川崎の動向はいつもチェックしてきた
小林悠をキャプテンにしたのは正解だったようで、線が一気に太くなった
小林悠は、なんと娘の通った高校のサッカー部員で同学年
2年続けて高校サッカー全国大会の応援に出かけていった記憶がある
まさか、あの小林選手がJ1得点王になるなんて

ともかく、嬉しくて安堵している

2017年11月30日木曜日

11月の読書

俳句の海に潜る* 中沢新一・小澤實 角川書店 2016
アベノミクスによろしく 明石順平 集英社インターナショナル 2017
不死身の特攻兵 鴻上尚史 講談社現代新書 2017
侵略する豚* 青沼陽一郎 小学館 2017
あなたの隣にいる孤独* 樋口有介 文藝春秋 2017

2017年11月26日日曜日

空白

月末だし、今のうちにと稽古受付書の整理をはじめたら、
(最近書類のミスが多い. 原本と控えを間違えて送ったり、送るべき会費を納入し忘れていたり)
月初めに仕事してない空白があることに気づいた
えっ、この空白は何?と、記憶を手繰ってみると、そうだ韓国に行ってたのだ
ということを思い出したーこの間、約10秒
たかだか、三週間前のことなのにもう忘れている
とうとう焼きが回ってきてしまったと解釈すべきなのか、
それとも、単に忙しすぎたと理解すべきなのか
韓国行って帰ってきたら、ブラジル組がやってきて、石川行って、おやこ稽古会があって、
今度は韓国でお世話になった若いお坊さんがまたやってきて...
たしかに濃厚なひと月だったことは確かだな
まだ、月末三日間の稽古が残っているのに...
来月も石川行って、翌週には東京行って、帰ってきたらブラジル女子一名やってきて、
年末には友人家族が「京の正月」めがけてやってくる
あわただしい師走になりそうだぞ、これは

お茶

もともとが「お茶のみ」である
それにしても、最近お茶の種類が増えているような
紅茶系だけでも、ニルギリ、アッサム、スパイスティー(tb)、マルコポーロのtb
日本茶だって、煎茶にほうじ茶、もちろん抹茶も冷凍庫に入ってる
ウーロン茶も2種類、ひとつは奈良の茶畑で摘んだものをウーロン茶に仕立てたもの
パリの西田さんがお土産で持ってきてくれたハーブティーもある
ハーブティーなんて、これまで飲んだことなかったけれど、意外に美味しい
最近加わったのが、韓国土産にいただいた五味子茶という名の液体のお茶
熱いお湯で薄めて飲んだら、ポッと暖かくなって、ん、アルコール飲料?と思ったくらい
発酵させているので、アルコール分あるかも、というお話だった

稽古前にお茶が出る稽古場はここくらいしかないかもしれないが、
まずお茶を出すというのが習慣になってしまった
稽古のあとで、またお茶、というパターンも多いから、ひとりひとりの滞在時間
というか滞留時間は長くなる
操法受けに来て2時間というのがあたりまえ
ちょっとユルいかな〜とは思うのだけれど、自分でも気に入っているからしょうがない
事情が許すかぎり続けることになりそうだ

そうそう、お茶殻とコーヒーかすを庭の土に戻すことをはじめたら、生ゴミが半分に減った


2017年11月23日木曜日

しぐれ

朝起きて陽がさしていると、おっ洗濯できると小躍りする
洗濯機を回し、いざ屋外に干そうとすると、一転どんよりした曇り空
曇天でも乾くだろうと、物干しにかける
晴れた思って、ちょっと遠出していると、途中でパラパラと降ってくる
あわてて家路を急ぐ
この時期の空模様を読むのはむずかしい
晴れたり曇ったり時雨れたり
洗濯物も出したり、取り入れたり、また出すの繰り返し
弁当忘れても傘忘れるな、という格言があることを教えてくれたのは金沢の人だが、
京都の時雨も、これに近いものがある

2017年11月20日月曜日

おやこ稽古会終了

おやこ稽古会無事終了
写真はかろうじて撮ったこの一枚だけ
後日、主催者にもらって追加します
テーマを「歩く」に絞ったのが奏功して、80分一息
要は、後ろ歩き→すり足という流れ
夜なべしてつくった35センチ角のダンボール、
新聞紙で作った「差し足・抜き足」用の円筒が大活躍
床の上に並べただけでその意図が通じてしまい、
指示を出す前に子どもたちは遊びはじめる
最後は坐法の紹介で〆
楽しかったという感想を子どもたちからもらえたのが一番嬉しい
お手伝い参加のMさん、Yさんにも感謝



写真追加しました ↓